エコジョーズの結露対策は必須

普通は知らない結露の処理

エコジョーズは従来のガス給湯器と比較して非常に効率の良い給湯器ということで、毎月のガス料金を節約したいという方にとっては非常に魅力的な設備ですよね。

 

エコジョーズを設置する際には当然設置工事が必要となるわけですが、その中の一つとして結露対策の工事というものが必要となります。

 

エコジョーズというのは排気ガスに含まれている熱を利用してその効率を高めているという機器なのですが、排気ガスの熱を回収することによって結露が出ます。

 

結露というのは冬場に窓やドアなどの内側が水滴だらけになるアノ状態ですね。

 

内側の気温が高いのに外の気温が低いという場合、窓の内側の水蒸気が外気に冷やされることで水蒸気から水滴に変わるわけですね。

 

処理が必要な理由

あのような感じでエコジョーズからも結露で水滴がたくさん出ることになります。

 

これは冬だけでなく夏場でも出ることになるので、使用中は結露水が必ず排出されます。そのまま放っておくとあたりに水が垂れ流しになりますね。

 

量的には、エアコンの室外機から出てくる排水と似た感じです。その排水を処理するためにドレン配管の工事が必要になるというわけですね。

 

もちろんこれはエコジョーズを設置するなら必須のものですから、特別購入した人がお願いをするようなことはなく、設置業者がやってくれると思います。

 

もし、業者見積りの価格に記載がないようでしたら、ドレン配管の工事は含まれているか、念のため確認しておいたほうがいいでしょうね。

トップへ戻る