エコキュート 購入前・検討記事一覧

エコキュートを選ぶ際の選択肢として迷いやすいのが、タンクの容量についてです。一般に3人から5人までの家族構成が最も多いことから、370Lと460Lのどちらがいいのか迷うケースが最も多いと思われます。もちろん、費用に余裕があれば460Lが最適ですが、追い炊き機能があるのであれば370L、またそうでなければ460L、というのが目安として適しているかもしれません。例えば追い炊きの無い370Lの場合では、...

エコキュートはlpガス使用のボイラーと比較して約1/10のランニングコストで維持できます。また、ガスだけでなく一般の電気温水器と比較してみても、電気の消費量が大幅に少なくて済みます。ですが、環境への影響を比較した場合も「エコキュートが優れている!」、という考えは安直すぎるかもしれません。lpガスは使用する場所に届くまでにまったく量が減りませんが、エコキュートで使用される電気については、発電所から電...

ジョーシン電機のエコキュートエコキュートを導入する場合、量販店に依頼する方も多いようですが、ジョーシン電機でもオール電化のラインアップに力を入れているようです。またアウトレット店もありますが、エコキュートのアウトレットも目玉商品で売り出され、多くの方が買い求めているそうです。エコキュートといえばかなり値崩れが激しいですが、ジョーシンのアウトレットであれば、より安価なモデルがかなり安い値段で入手でき...

太陽光発電、オール電化の普及が進む中、その目玉とも言えるエコキュートの代理店もかなりの数があります。メーカー正規代理店やそこから派生した営業請負まで幅広く、不動産業者や訪問販売の業者までありますが、注意しなければならないのが導入費用とアフターメンテナンスです。代理店にエコキュートの見積もりを依頼し、その結果が例えば量販店よりもよかったからといって安易に導入を決めてしまうというケースも少なくないそう...